首页 >> 歌词 >> penguin's detour >>2020-09-14

penguin's detour / 歌手:れいくん

歌手名:れいくん
歌曲名:penguin's detour
专辑名:企鹅迂回
感谢{れいくん}辛苦编辑Lrc歌词,并分享给大家下载
すっかり乗り慣れたフライトで
今日こそ墜ちてくれないだろうかと
杖ついて雲を眺める話をあと何度しよう

誰かを言い負かす為の機会を
何かにつけ狙っていた暮らしも
未だに古くなっちゃくれない
優しくしてくれたあの子にまでも
どうせ心の中じゃ、なんてことを
思ってしまったのもつい最近ではあるけれど
小指に巻いた絆創膏が
見えるようにと近づいたばっかりに
本当は無かった傷が欲しくなる
洒落っ気に欠けていた生返事を
嫌ってくれとまでは言えないけど
攫っていった未来に「そうかそうか」と頷いて
歩いた地上でのこと
飛べない鳥になっていた ふらり彷徨ったまま
空からじゃ見られない眺めがあるんだと
言葉へ落とし込んで最後 嘘に変わってもね
ただそれとなく伝わるものがあればいい
ぼんやり難しく思うことも
それなりに愛しくなれることを
知ってか知らでか分かったフリばかりが上手い人を
嘲たことは無いと言ったものの
意味もなくケラケラと笑う僕を
言い表せた文字が欲しくなる
黙っていれば誰かが口を開くもの
座って待っていましょう お茶を飲みながらでも
狂っちまった時代よさらば 「お先にどうぞ」と
静かに言った後
泳げない魚になっていた ひとり強張ったまま
水面に歪んだ自分の姿を記憶へ落とし込んで
誰も悪くないんだってね
ただ一度だけ思わせるものがあればいい
誰のせいだろう 僕のせいかも
いや、きっとあいつのせいだのと
暗くなる外 張り詰める場所 繰り出す一人分の音
「あなたにはわからないだろうけど」
言葉尻にはそう言い捨ててやろう
でも 嗚呼もう いつまで経っても救われない歌よ
あるはずがなくなっていた ゆらり揺蕩ったまま
寄る辺なく縋っていたはずだったのに
思いを遡ってみたって思い出せないね
それが端からあったものなのかすら
飛べない鳥になっていた ふらり彷徨ったまま
空からじゃ見られない眺めがあるんだと
言葉へ落とし込んで最後 嘘に変わってもね
ただそれとなく伝わるものがあればいい